2016年6月・7月レイキ勉強会

レイキ勉強会とティーチャーディグリーに関して

アルカディアでアチューメントを受けた方を対象に、ヒーリングの実践勉強会を年に数回実施しています。レイキに留まらない、ハンドヒーリングを用いて実際にヒーリングしてゆく勉強会です。続けて通う事で実技の熟達度も上達していきます。

2015年後期からは、簡単な解剖生理学(骨、筋肉、内臓)を知ること、効果的タッチングで身体的・精神的な自己調整力・自然治癒力をより高めていきます。2016年からは内臓からトラウマに働きかけていくアプローチを予定しています。※クラニオセイクラルバイオダイナミッック、ソマティック・エクスペリエンスなどの繊細なボディワークをレイキのレベルで使えるようにした極基本的なものです。


その他、ヒーリングをする側としてのスタンスの再確認や実践の助けとなるもの(セッション導入に役立つ実技各種、呼吸法や瞑想法、たまにオーラソーマやクリスタル、精油の用い方など)、内なる気付き、エネルギーの感覚や波動を上げるワーク他様々なレクチャーをふまえ、時間が許す限りペアを組んでヒーリング実践をしていきます。
集まったメンバーによって、レクチャーで飛び出すお話の内容は毎回変わります。メディテーション、ボディワーク、呼吸法、エンジェルワークやカードミニリーディング、能力開発など、レイキだけにとらわれない自由なヒーリングワークを体験したり、また、質問内容などによっては実践方法の応用編が色々出ますのでぜひ御参加下さい。回数に決まりはありません。受けたいと思った時に受講してください。

レイキ勉強会 レベル1    4,000円 (受講者募集中)

【日 程】6月2日(木) 【時 間】午後1時〜午後5時30分頃

【内 容】*内容は2.は毎回かわります
1.エネルギーの知覚、感度の違いに関して
2.2016年実技項目:モティリティワーク:内臓(部位未定)

簡単な解剖生理学(骨、筋肉、内臓)を知ること、効果的タッチングで身体的・精神的な自己調整力・自然治癒力をより高めていきます。

2016年からは内臓からトラウマに働きかけていくアプローチです。

3.座った状態でのヒーリング実践



moushikomi_off


レイキ勉強会 レベル2  5,000円 (参加者募集中)

【日 程】7月15日(金) 【時 間】午後1時〜午後6時頃

【内 容】*内容は1. 2. 毎回かわります
1.ティーチャー必須受講項目 6.因果の法則と転生プログラム
2.2016年実技項目:モティリティワーク:内臓(部位未定)
3.俯せ、仰向けのヒーリング実践(進行具合によりどちらかだけ)

簡単な解剖生理学(骨、筋肉、内臓)を知ること、効果的タッチングで身体的・精神的な自己調整力・自然治癒力をより高めていきます。

2016年からは内臓からトラウマに働きかけていくアプローチです。

moushikomi_off


ティーチャーディグリー   40,000円

アルカディアにてサードまでアチューメントを受け、条件を満たした方が受講可能です。内容は第五シンボル伝授、アチューメントの仕方と仕組み、ティーチャーとしての心得等。
受講までの流れ
受講申し込み→エッセイ提出→カルテ審査(10時間以上の施術記録提出)→受講確定。ただし勉強会L2でのティーチャーディグリー必須受講項目6科目の受講が済んでいること。

下記の条件を満たした方がティーチャーディグリーへ進むことが可能です。
ティーチャーディグリー受講までの流れ
1.ティーチャーディグリー必須受講項目の受講
(受講料金各5,000円ティーチャーディグリー必須受講項目開催時[年2~3回]のみ。
以下の項目はティーチャーディグリーを受講される際の必須受講項目です。受講する順番は問いません。 *勉強会L2:ティーチャー必須受講項目での開催にて順番に行っていきます。さらに勉強会でヒーリング実践で実技の熟達度も見ていきます。
ティーチャー必須受講項目(勉強会レベル2)はティーチャーディグリー に進まなくても受講は可能です。受講はカウントされますので後々ティーチャーディグリーに進もうと思った際、既に受講している項目は再受講されなくても大丈夫です

1.エネルギーの属性と種類

2.エネルギーの交流、場のエネルギー、死の種類

3.意識の状態と現象、脳波

4.パーソナリティの2面性とバランス

5.夢と意識夢

6.因果の法則と転生プログラム

2. 受講希望申請または申込と施術記録作成:申込時点で施術記録用のフォーマット(用紙)をお渡しします。
受け取り次第施術記録を作成して下さい。
*モデル(施術を受けて下さる方)一人につき1時間以上2時間未満の施術で合計10時間以上。
*同じクライアントに関しては2回まで。

3. エッセイの作成と提出:2000字以上のエッセイ「レイキをどのように活用しているか。また今後どのように活用していきたいか」 施術記録と一緒にティーチャーディグリー受講申込みの際に提出して下さい。

*ティーチャー必須受講項目の受講順番は問いません。また同じ項目を何度受講されてもかまいませんが、ティーチャーディグリーに進む際は1~6まで全て受講していることが条件です。

toiawasebanner1

お申し込み受付中

カテゴリー

カテゴリー

ページ上部へ戻る