〈満席〉3/25(土)ソーラーリターン曼陀羅つくり

【日 程】3月25日(土) 10:30〜17:30 1時間ランチタイム挟みます。(満席)

ミラクルなご縁でつながりでホロスコープ曼陀羅つくりワークショップを開催するに至った、ファイバーワークのスペシャリスト、ホロスコープ曼陀羅の開発者:よしのちほ先生をお呼びして、今度は「ソーラーリターン曼陀羅」つくりをアルカディアで開催いたします。

釘の打ち付けられた丸板に糸をかけていきます。 ホロスコープ曼陀羅(15センチ角)よりも大きく、釘の数も増えます。
釘の間隔が狭く、重なるレイヤーの数がホロスコープ曼陀羅(5段)よりも多いという、ちょっと難易度の高い仕様。 なので午前中からやっていきます。


丸板は自在に向きが変えられるためハウス(星座のマーク)がプリントされている特別仕様です。
作品比較:ソーラーリターン曼陀羅(左)、ホロスコープ曼陀羅(右)

※受講条件:糸かけ曼陀羅を作ったことのある方(講師や種類は問いません)

惑星は13天体(太陽〜冥王星、キロン、ドラゴンヘッド、ドラゴンテイル)仕様となります。

★参加費18000円のところ、果敢に挑もうとするあなたへ初回開催価格15000円でご参加いただけます!

ソーラーリターンとは

太陽回帰とも言います。毎年の誕生日時のホロスコープで、誕生時に基づく計算により毎年変わるのですが、太陽は誕生時と同じ位置にくるので「太陽回帰」と言います。

これは、その人にとっての一年のテーマを表す天体図。起きる出来事、出会う人の傾向などが表される、自分のエネルギーをその一年のテーマに沿うように導くようなものと言えるでしょう。

ユングの原型理論を用いるのであれば、その象徴としたものを見ることにより原型のエネルギーが潜在無意識にインプットされます。私(武川)が思うに、これそお部屋に飾ってそれを見つめているだけでもあなたの一年のテーマがインプットされて具現化に導くようなそんな気がするんです。

開催日程(満席にになり次第募集終了)

【日 程】
3月25日(土)
◎時間:10:30〜17:30 1時間ランチタイム挟みます。
◎会場:アルカディア(品川区北品川。京急「新馬場駅」北口から徒歩2〜3分)
◎受講料:15,000円(税抜) ★18000円のところ、果敢に挑もうとするあなたへ初回開催価格15000円でご参加いただけます!
ご参加の方に場所の詳細をお知らせしております。


1daymoushikomi_off


【この講座について】

ちほ先生のほうで板に釘を打つところまで下ごしらえしてくださっています。
ファイバーワーク(糸かけ)に関しても丁寧にご説明いただけますので、初めてでも楽しく体験していただけます。

ソーラーリターンは毎年変わるので、毎年(誕生日の3ヶ月前くらいからがオススメ!)のソーラーリターンに掛け替えることが可能です!やり方がわかれば毎年自分でできちゃいますよ!

ホロスコープ曼陀羅が角板なのに対し、ソーラーリターンは丸板です。

繋がるところに繋がっていないとこの曼陀羅の製作工程は浮かんでこないと思います。

じっくりと向き合いながらも、おしゃべりもおやつも楽しみつつ作っていきましょう!

↑光が当たってビーズが透き通った輝き↑


【よしのちほ先生プロフィール】

つくりてラボ・よしのちほ

2013年より糸かけ曼陀羅をつくり始める。

2014年より作品の販売およびワークショップを開始。

2015年よりオーダー製作開始。

2016年8月二子玉川雑貨屋シェールにて個展。

現在はオーダー製作とワークショップ中心に活動。

オリジナル作品として「ひふみ」「ホロスコープ曼陀羅」「陰陽曼陀羅」「陰陽五行曼陀羅」
「紙の12星座曼陀羅」「紙のメッセージ曼陀羅」。

ワークショップは銀座、二子玉川、千葉、名古屋、大阪、札幌等。

2016年10月下旬より三省堂書店『いちのいち』にて「紙の12星座曼陀羅(商品名・12星座の
糸かけカード)」販売開始(取り扱い店・神保町店、池袋店、東京駅丸の内店)

toiawasebanner1

関連記事

お申し込み受付中

カテゴリー

カテゴリー

ページ上部へ戻る