ヒプノセラピー

催眠セラピー「ヒプノセラピー」をご存じですか?イメージ誘導を用いた幸せに生きるために必要な気づきや癒しを潜在意識(深層意識)から得るた めの方法です。ヒプノセラピーで心を癒し、オーラの輝きを増すことは、心のフィットネスや心のエステ、あるいは心のリハビリと思っていただくと分かりやす いと思います。
美容院で髪をセットすると頭がすっきりして、気持ち良く、美しくなれるように、ヒプノセラピーは心の疲れを取り、心を美しく輝かせ、あなたの本来のベスト な状態へと戻すことができる方法です。いつもがんばっている心をちょっとお休みして、深いリラックスと共に潜在意識への旅に出てみましょう!

ヒプノセラピーセッション

初回はまずヒプノの正しい知識と身に付け、潜在能力を引き出すための事前面談、カウンセリングとリラクゼーション、イメージ誘導、クイックヒプノセラピー(短時間のセッション)が入り、メインセッションに入ります。
2回目以降の方はセッション時間を長めに、リラクゼーション、イメージ誘導、目的やご相談内容にあわせて”インナーチャイルドセラピー”や”過去生退行”、”幼児退行”など数々のセッションを組み合わせて行っていきます。
*上記はあくまで参考です。 ヒプノ状態になりやすい方やご希望内容など、状況によってアレンジしていきます。
■施術時間・料金について
SCS エスシーエス・1Dayスペシャル・セッション内で承ります。

line1

 

施術の流れ

コンサルテーション

リラクゼーション 

潜在意識の癒しと扉を開くワーク

(サイキックプロテクション®やライジングフェニックス/スリーピングフェニックス、メリディアンエネルギーなど、セッション内容に合わせた錬金術エネルギーやキリストエネルギーを送りながら癒しと共に心の闇に無理無く向かい合えるようなワーク)

メインセッション(ハイヤーセルフ、インナーチャイルド、過去生退行、幼児退行、胎内退行、サブパーソナリティetc. コンサルテーションで話し合った、あなたに必要なセッションの流れ・アレンジで)

グラウンディング、シェアリング

ショートセッションでは、潜在意識の癒しと扉を開くワークの種類が限定され、メインセッションの時間が短くなります。
ご予約

潜在意識の可能性とネガティヴなプログラミングの解放

アルカディアでのヒプノセラピーは『潜在意識への癒し』を行いながらあなた自身が安心して深いヒプノ状態に入っていただき、ご自分の中に気づきを得やすいようにガイドします。

私たちの意識には、普段の生活で脳波が主にベータ波となって使っている顕在意識と深層心理といわれる潜在意識があります。
どんなに自分の意志をもって人生に変化を加えようとしても、あるいは願望を実現しようとしても、潜在意識の中の怖れや不安といったネガティヴな要素があると 変化や実現力を受け入れることができません。潜在意識は生まれてから現在に至るまでの情報が善くも悪くもプログラムされています。

この潜在意識のプログラムはヒーリングなどのなにかしらの働きかけによって変化させない限り(ネガティヴなプログラムを手放す/修正する)いつまでも行動パターンに影響をもたらし問題などを好転させていくことが難しいのです。

潜在意識へと安全にアクセスし、自分自身で気づけるように促すのがヒプノセラピーです。

★★催眠状態とは?★★

催眠状態は特別なことではなく、脳波がアルファ波となって深くリラックスした状態の事ですので、睡眠とは違います。
周りの音も聞こえますし、自分の意識もはっきりしていています。

このように催眠状態とは「心に意識を集中している状態」の事をいいます。ですので、特別な状態ではなく、普段から私たちが何度も経験している意識の集中状態です。意識がなくなることやコントロールされることはありませんのでご安心下さい。

バラエティ番組でやっている『催眠術』とは違うものなのです。テレビで放送される催眠術で催眠にかかる人は『ちょっと恥ずかしいことをしてもテレビに映りたい!』という気持ちが強く、また暗示のかかりやすい人が事前に選ばれます。

 

ヒプノセラピーは医学/心理学といった分野で科学的に研究がなされた心理療法の一つで、退行催眠療法と呼ばれます。
この手法を治療目的ではなく、心身の健康や人生の幸せのために用いるのがアルカディアでのヒプノセラピーです。
言いたくない事は言わなくてもいいし、覚醒したい時はいつでも自分の意志でセッションを中止して目覚める事もできますのでご安心してお受けになられて下さい。
ご予約

事前にお読み下さい

* 現在、精神科や、心療内科から処方されたお薬を服用されている場合は、予約をお受することは出来ません。医療機関での治療を優先されることをお勧めします。
*自分の意思で、自分自身を変えよう、又は、変えたいと思う気持ちが大切です。セラピーを受けるだけで勝手に問題が解決することを期待している方や、努力 しなくてもセラピストが問題を解決してくれると思っている方など、依存傾向が強いと判断させていただいた場合も、お断りすることがあります。
*セラピーは、医療行為ではありません。 「診断」や、「診察」、「治療」は行えませんので御了承ください。
* 自分の意思ではなく、他者に強制的に勧められてセラピーを希望している場合も、お断りさせていただきます。
* セラピストの現在の技量では手に負えないと判断した場合も、お断りさせていただく場合があります。

 

セッションの難しい原因

ヒプノセラピーのセッション(以下:セッション)はリラックスしにくい方のためにリラクゼーションテクニックやヒーリングなどを織りまぜながらお客さまの目的に応じたいくつかのセッションを組み合わせて行っていきます。

セッションはヒプノセラピーやカウンセリングの技術によってあなたの夢の実現や問題解決の糸口を見つけるためのサポートです。そのために潜在意識にアクセスしていただき、潜在意識からのメッセージを受け取っていきますが、このアクセスには個人差があります。

より良く潜在意識へとアクセスするにはイメージ力や心に意識を集中する力が必要となります。
また、出てきたイメージを信頼することも必要です。そのため個人差があり、段階が必要となります。

 

緊張状態が続く方、頭が忙しくリラックスできない方、セッションに信頼を置かれていない方などには難しい場合があります。

まったくヒプノセラピーを受けたことのない方の場合、イメージするのが難しい方もいらっしゃると思います。

当 店では時間をかけていくつかのセッションを組み合わせながら行っていきますが、深く入るようなセッションの場合はまったくの初心者の方には明確なメッセー ジを受け取りにくいなども考えられるため、組み合わせるセッションから「初回の方の場合はおすすめしない」内容もございます。

またリラックスされにくい方にはご希望でボディケアやヒーリングを組み込みながら進めることも可能です。

*アルカディアでは潜在意識意への癒しのヒーリングエネルギーと共に無理の無い状態で深いヒプノセラピーをご体験いただけるようにガイドしています。

知覚タイプは人それぞれ

イメージは視覚タイプのほかに聴覚タイプや感覚タイプがあります。初回ではあなたが優先的に使っているタイプを理解して得意なタイプからイメージを感じる練習から行っていきます。

個人差がありますが、人によっては1回のセッションで鮮明イメージの中でメッセージを受け取ったりされる方もいます。通常、回を重ねていくうちに(3~5回程度)イメージがとても明確になり、とても深いレベルからメッセージを受け取ったり感覚を得ることができるでしょう。

またセッションはお客さまの目的に応じてテーマを作り、いくつかのセッションを組み合わせていきますので、
複数回受けられる場合そのつどテーマを違えても支障はありません。

なお、浮かんできたイメージを日常生活や人生に活かすために誘導の声に集中していただける人の方が奇跡体験を期待される人や前世などの精神世界の思い込みが強い人よりも集中力やイメージ力が増して潜在意識からのメッセージや気付きを受け取りやすくなります(受動的集中)

***守秘義務***

個人セッションにおける情報は守秘義務に基づき一切の開示をいたしません。ただし感想投稿フォームよりいただきました内容は要約して「体験談」へ掲載させていただく場合がございます。またこの場合もお名前はニックネームやイニシャルでの表示とさせていただきます

 

━━━━━━━・★。、:*:。.:*:・━━━━━━━・★。、:*:。.:*:・━━━━━━━・★。、:*:。.:*:・
***ヒプノセラピーに向いている方/向いていない方***

*向いている方
達成したい目標が明確である方、潜在意識からのメッセージを気付きのチャンスと思える方、明るい未来に向かって努力していこうと思っている方、ヒプノのセッションがオカルトとは違い医学や心理学に基づいていると理解できる方

 

*向いていない方
ヒプノのセッションを霊媒や占い/幽体離脱/オカルトと勘違いしている方、固定観念や決めつけ/思い込みの強い方、前世占いや霊界/オカルトの本などに強 い影響を受けてそれらに絶対の意識が強い方、現実逃避傾向の強い方、催眠にかかれば自分は何もしなくても幸せになれると誤解されている方、責任転換や依存 の強い方、自分の問題に向き合う気のない方、人の意見を聞けない方

 

*お引き受けできない方
神経症、精神病などの病を持つ方、向精神薬を服用し通院されている方

 

toiawasebanner1

関連記事

お申し込み受付中

カテゴリー

カテゴリー

ページ上部へ戻る