【ご感想】トーラスエナジェティック講習

image

 ■Tさんより(基本講習とプロ向け講習の2Days)島根県より参加
2日間に渡り、ありがとうございました。


エビデンスに基づいた科学的なお話と、微細なエネルギーや波動のお話がバランスよく含まれていた内容でした。
私は看護師なので、人間と環境の相互作用を常に考えてケアするように努めていますが、とても納得でき、かつ、日常のケアに使える実践的な内容でした。

それだけでなく、準備ワークがあったせいでしょうか、膨大な情報量にも関わらず、
頭に蓄積されるというより、肚の中に落とし込まれていくようでした。この感覚、初めての体験です。

実技の方は、基礎講習の座位のワークと、プロ講習の臥位のワーク、どちらも甲乙つけがたいです。

前回の受講生さんの感想にもありましたが、改めて、アロマの薬理効果のすごさを実感しましたし、
シンプルなテクニックなのに、外側のフィールドと、内側の軸が整って循環していく感覚が本当に感じられました。

特に、脳と感情のデトックス効果は、すごいと思います。思考癖が強く、
頭がいつも重くて締め付けられ感半端ない私が、今、頭が軽い感じです。
久々に味わうこのすっきり感は、感動もの。最近は熟睡出来なかったのですが、本当によく眠れました。
これからも、このテクニックを使ってセルフケアをしていこうと思います。

そして、何より良かったのは、ワークをしている間、ハートをしっかり感じられたこと。
生命同士の響きあいが織りなす、美しくて静かなる波の拡がりが、本当に心地よかったこと。
人と人とが出会っていく中で、大切な本質とあり方を学ぶことが出来たように思います。
大好きなワークになりました。

これまで様々なことを学んで来た私ですが、どれも、なかなか落とし込めていませんでした。
でも、それらのエッセンス達が、この講座で蒸留されて、今ようやく私のエッセンスになったように感じています。
これから、どんどん熟成させたいと思います。

まだまだ書き足りないのですが・・・・、受講して本当によかったと思います。
ありがとうございました。
■Yさんより
ボリュームいっぱいの講義をありがとうございます。
翌朝のスッキリ感が、ちょっと感動的ともいえます!
ですから、スッキリしてる今、忘れないうちに書き留めて送ります。

最近疲れがたまっていて抜けなかったのは、
もしかしてデトックスしろのサインなのかしら?と思うくらい、
講義の帰りは食事は少量で大丈夫でしたし、
なによりの翌朝の、からだがゆるくてふわっとしているかんじ、
このところなかったです。

朝なのに疲れていたりしてたのがなく、とても快適です。
また、心なしか、内蔵があたたかく不思議な感覚を味わっています。

アロマのパワフルさは、すでに知っていたはずなのに、
テクニックとあわせて改めてすごいと実感させられました。
とはいえ、昨日は疲れていて、もう片ほうの手と足のケアはしないで寝てしまいましたがそれでもこの効果はすごいです。
両手足をやったら、さらに感じ方が違うのかと思いました。

講義のボリュームがすごかったので実技にもうすこし時間をふやせてもらえたら、もっとうれしいなと思いました。
→すみません!私もこれは感じました!一部はプロ向け講習に移動させるなど見直します。

とにかく、とってもパワフルさを、感じます。
これがデトックスね!と、からだで実感できました。
自分へのケアをこれからはしっかりしたいなというきっかけにもなりました。

セラピストやヒーラーさんのエネルギーのクリアリングや調整として、
セルフケアとしてもオススメしたいです。

少なくともわたしにはそんな、印象です。
どうもありがとうございます。
eyetorus

とても実用的な内容ですし、
すぐに反応が出たとの事でやってよかったです。

エビデンスをお伝えするのにけっこうなボリュームで、講義時間が目一杯。
午前からやってもよかったかも

プロ向け講習では有料セッションについてや解剖学的なお話が中心になるけど、
基礎講習のエビデンスをプロ向けのほうに少し振り分ける事も検討します。

基礎講習は実技もっとやりたいものね!!

この講習でやったことは、ご自分にまずは使っていただきたいし、ご家族など身近な方へぜひお使いいただきたいものです。
私たちを取り巻く環境や摂取しているものは簡単には逃げたり変えたり無くしたりができません。
そこから起きる問題はこれからますます増えるかもしれません。

しかし、一人一人が生まれ持った生命力とシステムを活性すれば、
これらを適宜排出し、影響を起きにくくすることは可能です。

不定愁訴、病気のような症状や病気そのもの、心の状態の改善につながり、
これから誕生し成長していく子供達も、病気のレッテルを貼られることを減らしていけるのではと思っています。

カテゴリー

ページ上部へ戻る