【オンライン開講リクエスト募集】チャクラ・エンライトメント講座

Spread the love

s-ch001チャクラ・エンライトメント・ワークショップ

アルカディアの主軸4つの王国のなかの『人間界』の学び

日常生活の中での自分の思い癖や
感情パターン、生活パターン、
人間関係のあり方
自分に対しての考え方、
健康状態、親からの刷り込み、
一般常識・・・・・

実に現実的で日常の中にある様々な事が
チャクラと関係しています。

チャクラバランスの崩れの要因や
チャクラ同士の関係性、
それぞれのチャクラに刻まれる記憶のことについて等々、
サブチャクラの機能などについても含めて
1つ1つのチャクラについて
じっくり向かい合う事で
あなた自身への気付きや理解をも促します。 

初心者からプロの方まで学んで納得、目からウロコな内容も。どんな方でもご参加いただけます。 

★ 【日 程】(開催リクエスト受付中)

【時 間】:11時〜17時30分(最長18時)
【受講料】:全4回 

◆受講料金

お支払い方法は《銀行振込》または《クレジットカード(PayPal経由でご請求書送付します)》
一括の場合:オンライン特別価格 70,000円(税込) 対面80,0000円(税込)

分割払い(銀行振込の場合):オンライン受講19,250 円(税込)X 4回
対面受講 22,000円(税込)x4回

moushikomi_off

一つ一つのチャクラの理解を深めつつ、
他のチャクラとの関係性や
人間成長との関係性、
身体症状との関係性なども学んでいきます。 

チャクラと人間成長の関係性、
役割や効果、心理、行動パターン、
感情パターン、健康状態、
アロマセラピーやクリスタル、カラーなど様々な側面でもチャクラを探究。 

チャクラと心理からくる疾病の関係性についても学んでいきましょう。 

日常のレベルからスピリチュアリティまで、ボディ・マインド・スピリットをまるっとチャクラ視点で探求していく濃厚な4日間。 

チャクラって聞いたことあるけど何?
という初心者の方から、

個別のチャクラをもっと勉強したかった!という方、

自分のチャクラを探究して癒していきたいという方、
エネルギーワーク、ヒーリング、
スピリチュアルワークの初心者の方でも
楽しく受講していただけます。 

 

ご感想・体験談

チャクラって聞いたことあるけど何?という初心者の方から、

個別のチャクラをもっと勉強したかった!という方、

自分のチャクラを探究して癒していきたいという方、

エネルギーワーク、ヒーリング、スピリチュアルワークの初心者の方でも楽しく受講していただけます。

チャクラ・ワークショップ 開講要項


★ 【日 程】(開催リクエスト受付中)

【時 間】:11時〜17時30分(最長18時)
【受講料】:全4回 

オンライン特別価格 70,000円(税込)
対面80,0000円(税込)
★消費税込みの価格です

moushikomi_off

1日に2コマで開講します。

チャクラ全体編:そもそもチャクラってなんなのか?という基本情報から、経絡、オーラとの関連性、諭ボディのレイヤーとの関連性などもお話ししつつチャクラの働きについての全体を把握していきます。

第1チャクラ編:物質界についての学び。すべては1つであることの出発点。
生きるということに関する行動、反射、感情や環境、人間関係におけるパターンが記憶されている第一チャクラについて学んでいきます。

第2チャクラ編:個人の底力、情緒と人間関係のパワー、喜び、満足感。
自己批判や依存、幼児期のトラウマなどが記憶されている第二チャクラについて学んでいきます。

第3チャクラ編:個性・自尊心と自信、相互関係と自我、人格、自己愛の学び。
人生の方向性と自分としてのパワーについて記憶されていく第三チャクラについて学んでいきます。

第4チャクラ編:内なる神性、愛や絆、感情と理性、自他の境界線。
交流など人とのコミュニケーションパワーの源泉である第四チャクラについて学んでいきます。

第5チャクラ編:汝の神たる神聖なる意志の力。具現化と責任、理解。
意志の具現化、行動、信念、思考の表現と自己表現の源泉である第五チャクラについて学んでいきます。

第6チャクラ編:洞察力、理解力、直観力、判断力、そして真理の探究。
共感能力や情報整理、そして本物の自分が求めるものを識別する源泉である第六チャクラについて学びます。

第7チャクラ編霊性、神性、悟り、ハイヤーセルフ、真理、霊的存在との繋がり。
霊性と現実を結びつけ、今という瞬間に生きるという真理を携えた霊的自己の源泉である第七チャクラについて学びます。

お振替その他について
*ご予約、お申し込みはメール、お電話、FAXなどでお問い合わせ下さいませ。セッション中などでお電話に出れないことが多いため、メールが一番確実です。 

関連記事

お申し込み受付中

カテゴリー

カテゴリー

ページ上部へ戻る